HiZ-GUNDAM

 HiZ-GUNDAM は「ガンマ線バーストを用いた初期宇宙・極限時空探査」を主目的として、JAXA の2017年度の公募型小型ミッションコンセプトに提案し、候補ミッションのひとつとして採択されている。ガンマ線バーストや重力波源の電磁波対応天体の探査を広視野高感度のX線モニターで行い、同衛星プラットフォームにある可視・近赤外線望遠鏡で対応天体候補の検出および追観測を行う。坂本研は主に広視野X線モニターのX線集光系の開発を行っている。

目的

HiZ-GUNDAM は6台搭載予定の広視野X線モニターで 1.2 ステラジアン (全天の約1/10) の空を一度に監視することで、いつどこで起こるかわからないガンマ線バーストを始めとする突発天体を発見し、その到来方向を決定する。その後、その方向へ衛星の姿勢を変更し、衛星に搭載されている可視・近赤外線望遠鏡で即座に追観測を開始する。可視・近赤外線望遠鏡は4色同時に測光できるため、その測光結果から突発天体が宇宙遠方で起こった突発天体かの判断が可能となる。

hiz_gundam.png
上からみた HiZ-GUNDAM の外見図

広視野X線モニター

 広視野X線モニターの各ユニットは、X線を集光するX線光学系と集光するしたX線を撮像するX線撮像素子からなる。X線光学系はロブスターアイ光学系 (MPO; Micro Pore Optics) とよばれている広い視野を観測しながらも入射X線を集光する事で高い感度を達成できるものを採用する。MPOは 20ミクロンの四角い穴が無数に空いており、穴の内面で入射X線が反射する事で集光する。

MPO.png
(左): 40 mm x 40 mm x 1.2 mm (R=600 mm) の Photonis社製のMPO。この1枚の MPO で 約4° x 4°の視野を持つ。(中央) MPO 表面の拡大図。20 um 角の四角い穴が無数に空いているのがわかる。(右) X線を MPO に照射し、取得した集光イメージ。MPO では点に集光せず、十字に集光する。