AROMA (AGU Robotic Optical Monitor for Astrophysical object)

 AROMA はガンマ線バースト、ジェット天体、ブラックホール天体、そして超新星などの突発天体現象を可視光で即座に観測するために開発されたロボット望遠鏡です。相模原キャンパス L棟屋上に設置されています。口径 35 cm の狭視野望遠鏡と冷却 CCD から構成されています。

AROMA Narrow (AROMA-N)

AROMA-Nj.png

 市販の口径 35 cm の望遠鏡と冷却 CCD カメラ、そしてカラーフィルターから構成されています。ドームに設置された雨センサーによって雨を感知したら自動的にドームを閉鎖します。限界等級は16-17等級程度です。視野は20分角です。ドームと赤道儀の動きを連動させるためのドームコントローラー (ニッシンドーム社製)と雲センサー (Lunatico Astronomia社製)を導入し、すべてのハードウェアを ACP という一つのソフトウェアでコントロールできるようにしました。現在は、テスト観測を終え、本格的な自動運転を 2013年10月から始めています。
 
           右図: ドーム内部からみた AROMA-N。
 

dome.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   左図: ドーム外側からみた AROMA-N。

aromaN_image_gallery.png

AROMA-N で実際に観測したメシアカタログの天体。